スキンケアアイテムの種類は?選び方からケア方法まで改めて確認しよう

幹細胞コスメ(美容液)ランキング スキンケア

女性なら毎日行うスキンケア

 

スキンケアと一口で言っても教科書で習ったわけではないですから、やり法や効果ははっきりと分からないことも多いですよね。

 

肌の構造と、スキンケアのステップについて詳しく説明します。

 

肌をよく知ると毎日のケアを意識的に行うことができ、より美肌効果を期待できるようになりますよ。

 

肌は薄くてデリケート

幹細胞コスメ(美容液)ランキング

一見して皮ふは単純な膜のように見えますが、実は内部は「層」になっています。

 

皮ふの表面に近いほうから、「表皮」→「真皮」と続きます。

 

幹細胞コスメ(美容液)ランキング

 

スキンケアで重視するのはこの表皮と真皮です。

 

表皮と真皮の厚さは両方合わせてもわずか2mmしかありません。

 

よく「お手入れは優しくするべき」と言われるのは、この薄い膜を傷つけないためなんですね。

 

触れるのは表皮だけですが、その奥にある真皮もエイジングケアに欠かせない部分です。

 

表皮も真皮も労わるように丁寧に扱いましょう。

 

スキンケアの勘違い ワースト5

幹細胞コスメ(美容液)ランキング

スキンケアはただ行えばいいというものではありません。

 

いいと思ってやっていたことでも、実際は肌に負担をかけていた…ということもありえます。

 

スキンケアの常識をもう一度見直してみましょう。

 

肌に合わないアイテムを使っている

乾燥肌なのにさっぱりとしたアイテムを使っていませんか?

 

肌質を考えずにテクスチャーの好みだけで選んでしまうと、肌トラブルとなって表れてきます。

 

肌にいいと思って使っているのになぜか肌荒れする…という人は、一度皮膚科に相談してみましょう。

 

自分で考えている肌質と実際の肌質が違う場合もあるので要注意です。

 

ゴシゴシ肌をこすっている

顔を洗うときにゴシゴシこすって肌に負担をかけていませんか?

 

上記にもあるように、肌の表皮と真皮は合わせて2mmしかありません。

 

そっとなでるように、または軽くはたくように肌を扱いましょう。

 

絶対に強く力をかけるのはやめましょう。

 

使用量が少なすぎる

もったいないからといってコスメの使用量を少なくしていませんか?

 

コスメには決まった使用量があり、効果がでる量も決まっています。

 

使う量をケチってしまうと、肌に合っているものでも効果が分からなくて結局は使うのをやめてしまいます。

 

本末転倒の結果にならないためにも、使用量はきちんと守りましょう。

 

時間をかけすぎる

肌に時間をかけるほどいいと思っていませんか?

 

例えばマスクは、時間をおきすぎると逆に肌の水分が蒸発して乾燥してしまいます。

 

他のアイテムもなじませる時間が1~2分あれば十分なもの。

 

過度に時間をかけずに効率よく肌をケアしましょう。

 

フェイスゾーン別のケアができていない

顔は一枚の皮膚ですが、乾燥しやすい目元や口元、逆に油分の多いTゾーンなど、パーツごとに状態が違います。

 

乾燥しやすい部分にはクリームの重ねづけや部分ケアアイテムを使用し、油分が多い部分にはこってりとしたクリームを使わないようにしましょう。

 

肌状態を常に観察して年代や季節、肌質にあったケアを心がけるとベストです。

 

スキンケアアイテムの選び方

スキンケアは毎日行うので、肌に及ぼす影響はかなり大きなもの。

 

アイテムの選び方や使い方をおさらいしておきましょう。

 

正しいスキンケアを実践すると、肌変化を1週間で実感できますよ。

 

クレンジング

幹細胞コスメ(美容液)ランキング

クレンジングが必要な理由は油性のメイクを落とすためです。

 

メイクをした日は必ずクレンジングをしましょう。

 

クレンジングの成分は油分界面活性剤です。

 

メイクが濃い日は界面活性剤の多いタイプのオイルクレンジングクリームクレンジング薄い日は界面活性剤の少ないタイプのジェルクレンジングミルククレンジングを使いましょう。

 

界面活性剤が多いクレンジングほど肌に負担になるため、できるだけオイルクレンジングやクリームクレンジングは使用しない方がベター。

 

ちなみにシートタイプはもっとも界面活性剤の配分が多く、肌への負担が大きいので、クレンジングは水で洗い流すタイプのものがいいでしょう。

 

洗顔

幹細胞コスメ(美容液)ランキング

クレンジングは肌の油分(メイク)を落とすために使用しますが、洗顔は肌の水性の汚れを落とすために使用します。

 

水性の汚れとは、汗や皮脂、古い角質、ほこり、空気中の汚れなど。

 

朝起きた後は寝ている間にかいた汗などを落とすために洗顔が必要ですし、メイクをした日はクレンジングにプラスして洗顔が必要です。

 

つまり一日2回は洗顔しなければならないんですね。

 

面倒くさいなぁと思うかもしれませんが、これも美肌のため。

 

できるだけ手抜きをせずに習慣化できるといいですね。

 

洗顔料のタイプは固形石鹸、洗顔フォーム、泡タイプなどいろいろあります。

 

一番のおすすめはしっかりと汚れを落としてくれる固形石鹸ですが、肌が乾燥しやすい人は洗顔フォームや泡タイプの洗顔料でもOK。

 

肌にうるおいを残すタイプ美白できるタイプなどいろいろ種類があるので、肌の状態によって使い分けてみましょう。

 

化粧水

幹細胞コスメ(美容液)ランキング

化粧水はほとんど水でできています。

 

水は時間が経つと蒸発しますから、化粧水だけで肌を保湿することはできません。

 

化粧水の役割は肌をみずみずしく整えること。

 

プラスして美肌効果を求めたい場合は、美肌成分の入った化粧水を使用してみましょう。

 

ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、アミノ酸などの保湿剤が含まれるのは一般化粧水です。

 

肌にトラブルのない人は一般化粧水で十分でしょう。

 

脂性肌の人はアルコールが多めに配合された収れん化粧水を使うのがベスト。

 

肌を白くしたい人はアルブチンやビタミンC誘導体を配合した美白化粧水がいいでしょう。

 

どちらにしても化粧水には美肌成分は多く含まれていません。

 

美肌成分が多く含まれるのは美容液のカテゴリーになるためです。

 

あくまでも化粧水の役割は洗顔後の肌を整えることなので、過度の期待はしないようにしましょう。

 

美容液

幹細胞コスメ(美容液)ランキング

美容液とは、保湿成分美白成分などの有効成分が多く含まれるアイテムのこと。

 

このサイトで紹介しているのも幹細胞培養液を配合した美容液です。

 

美容液は有効成分を多く含むので、一定の美容効果が期待できます。

 

美容液の種類は保湿美容液、美白美容液、エイジングケア美容液の3種類です。

 

保湿美容液はヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどを配合しており、肌の水分をキープしてうるおいを逃しません。

 

美白美容液はビタミンC誘導体やアルブチンなどを配合しており、シミのもとであるメラニンの生成をブロックします。

 

エイジングケア美容液はグロースファクターやレチノール、ポリフェノールなどを配合しており、肌のシワやたるみを改善します。

 

ちなみに幹細胞美容液は幹細胞から培養された液体そのものを配合しているので、コラーゲンやエラスチンなどの保湿成分はもちろん、グロースファクターなどのエイジングケア成分も含まれています。

 

1本で何役もこなすことができるので、効果の面でも期待できますし、費用の面でもお得です。

 

ニキビ跡にも効くので美容クリニックやエステでも使用されています。

 

詳細はこのページをご覧ください↓

 

ニキビ跡(クレーター)のデコボコが辛い…。ヒト幹細胞で改善する?
ニキビ跡(クレーター)はデコボコしているのでファンデーションで隠すこともできなし、なかなか治らないので辛いですよね。でも美容クリニックやエステ、自宅で使用する幹細胞コスメなどで諦めずにケアすれば必ず良くなるんです。美肌を取り戻すために再生美容の技術でクレーターを改善させましょう。

 

ちなみに当サイトがおすすめする幹細胞美容液のランキングはこちらです↓

 

幹細胞コスメ(美容液)を比較!おすすめ総合ランキング
女性の若見えを叶える幹細胞美容液。幹細胞エキスの種類で効果が高いのはどれか?美容成分はいくつ含まれているか?無添加が徹底されているか?オールインワンか?価格は安いか?体験談や口コミの評判はどうか?の6つの視点で総合ランキングを作りました。これを見るとすぐに一番の幹細胞美容液が分かります!

 

美容液はクリームとともに化粧品の効果をもっとも期待できるアイテムです。

 

最先端の技術を試したい時は、気になった美容液を試してみるとよい結果が生まれるかもしれません。

 

乳液&クリーム

幹細胞コスメ(美容液)ランキング

乳液やクリームの大きな役割は肌の油分を補うことです。

 

皮脂の分泌が十分な30代までは保湿がきちんとできていれば乳液やクリームは不要ですが、40代からは肌の油分は低下するので必要になるでしょう。

 

しかし乳液とクリームは両方使う必要はなく、顔全体には水分が多い乳液を使用し、目元や口元など乾燥しやすい部分には油分の多いクリームを使用するというやり方でもOKです。

 

乳液を選ぶならセラミドなどの保湿成分が配合されたものがおすすめ。

 

クリームを選ぶならジェルのような軽いテクスチャーのものでなく、コクのあるクリームらしいクリームを選びましょう。

 

乳液やクリームを使うことで肌が柔らかくなめらかになります。

 

最近は油分が豊富でもべたつかないタイプも販売されているので、乳液やクリームを負担に感じることはありません。

 

スキンケアの要は保湿

幹細胞コスメ(美容液)ランキング

肌のうるおいが失われると、バリア機能が低下し肌荒れやシミ・シワ・たるみの原因になります。

 

つまり保湿こそが美肌をつくる要となります。

 

「化粧水=保湿」と考えてしまう場合もありますが、肌に水そのものを与えても蒸発してしまうので保湿効果がありません。

 

また化粧水が蒸発しないように乳液やクリームでをすればいいと思う人もいますが、油分の保湿力はそれほど高くないので効果もいまいちです。

 

本当の保湿とは肌の外から水分を入れるのではなく、肌の内側から湧き出る水分を逃がさないようにサポートすること。

 

肌本来の力を発揮させてくれるコスメを使用しましょう。

 

まとめ

スキンケアは毎日の積み重ねが必要です。

 

保湿することを軸にコツコツと肌をケアしてあげてください。

 

30代からはエイジングケアも必要です。

 

エイジングケアの詳しい方法もぜひ見てください↓

 

エイジングケアの方法とは?マイナス5歳肌はどうやって作るの?
お肌の老化のサインはシミ・シワ・たるみ・毛穴の目立ちによって現れます。年齢肌のケア方法はトラブル別によって異なるので、しっかりと原因を知って的確なケアが必要です。マッサージや食べ物、美白コスメ、エイジングケアコスメを使うことで以前の若々しいお肌に戻しましょう。