もっと貪欲に!幹細胞コスメ(美容液)の美容成分が多い順ランキング

幹細胞美容液ランキング ランキング

幹細胞美容液には幹細胞エキスのほかにエイジングケア成分グロースファクター(GF)などお肌に有効な美容成分が配合されています。

 

トータルでお肌のエイジングケアをサポートしてくれるんですね。

 

どうせならより美しくなる幹細胞美容液を試してみたくないですか?

 

美容成分が多い順にランキングしました。

 

美容成分が多い幹細胞コスメ(美容液)ランキング

ヒトユライ プレミアムクリアセラム
HITOYURAI

◎7種のグロースファクター
・KGF
・EGF
・IGF
・PDGF
・FGF
・NGF
・TGF
◎エイジングケア成分を32種以上配合
・レチノール
・フラーレン
・アデノシン
・セラミドNP
・スクワラン
・かいこ繭エキス
・オウゴン根エキス
・ローズマリーエキス
・椿花エキス
・牡丹エキス
など

シグナリフト
シグナリフト

◎5種のグロースファクター
・EGF
・TGF
・IGF
・KGF
・HGF
◎7種類のエイジングケア成分
・APPS
・微粒子化コラーゲン
・フラーレン
・プロテオグリカン
・セラミド3
・ヒメコウジ葉エキス
・ヒアルロン酸

セルアイリフトセラム

◎5種のグロースファクター
・EGF
・TGF
・IGF
・KGF
・HGF
◎7種類のエイジングケア成分
・APPS
・コラーゲン
・フラーレン
・プロテオグリカン
・セラミド
・ヒメコウジ葉エキス
・ヒアルロン酸

アビエルタ パーフェクトモイスチュアセラム

◎23種類のエイジングケア成分
・プロテオグリカン
・ピココラーゲン
・イチゴ果実エキス
・プエラリアミリフィカ根エキス
・リピジュア
・スーパーヒアルロン酸
・ユズセラミド
・チューベロース多糖体
など
◎4種のグロースファクター
・IGF
・EGF
・FGF
・HGF

DEAGAIA ナイトリペアエッセンス

◎5種のエイジングケア成分
・VC誘導体
・プラセンタエキス
・グリコシルセラミド
・高品質コラーゲン
・ヒアルロン酸
〇3種のグロースファクター
・EGF
・KGF
・HGF

エイジスト ステムエッセンス
AGEST(エイジスト)美容液

◎4種のエイジングケア成分
・ナノバクチオール
・アクアポリン
・マイクロ多重層カプセル
・潤いヴェール

シャイルプレミアムエッセンス
シャイルプレミアムエッセンス

〇2種のエイジングケア成分
・フラーレン
・プロテオグリカン

 

1位 ヒトユライ プレミアムクリアセラム

こちらの商品は他の商品と比べて断トツの成分量です。

 

グロースファクターを7種、エイジングケア成分を32種以上も配合しているのは圧巻です。

 

グロースファクターは、人の皮ふと同じ構造のアミノ酸をバイオで合成することにより、本物の皮ふの中にあるアミノ酸と似た働きをします。

 

つまりたるんでしまったお肌、シワや凹凸の目立つお肌をもとの美肌に戻すことができます。

 

32種以上のエイジングケア成分は、セラミドやスクワランなどの定番の成分から、かいこ繭エキスや牡丹エキス、オウゴン根エキスなど他のコスメには見られないような独特の成分が配合されています。

 

リニューアルに伴いレチノールも新配合され、肌のたるみに効果を発揮します。

 

さすが多数のエステでも使用されている商品です。

 

幹細胞美容液を効果で選ぶなら、ヒトユライ プレミアムクリアセラムは最もおすすめの商品です。

 

2位 シグナリフト

グロースファクターが5種含まれているところが優秀ですね。

 

グロースファクターはさまざまな刺激で傷ついた細胞を修復、回復させ、新陳代謝を促す役割をします。

 

つまりエイジングケアの根管を担っているわけですね。

 

またエイジングケア成分も7種含まれていて、総合的にバランスよく美容成分が配合されていると言えます。

 

3位のセルアイリフトセラムも同じ処方ですが、コラーゲンが微粒子化されていたり、セラミドのタイプがシワを軽減するものを配合しているのがシグナリフトだったので2位となりました。

 

3位 セルアイリフトセラム

セルアイリフトセラムもグロースファクターが5種エイジングケア成分が7種含まれています。

 

グロースファクターやエイジングケア成分の種類もシグナリフトとほぼ同じです。

 

(コラーゲンやセラミドのタイプがシグナリフトよりも劣る)

 

4位 アビエルタ パーフェクトモイスチュアセラム

特徴は23種類ものエイジングケア成分が含まれていることです。

 

またグロースファクターも4種配合されていて、美容成分の合計数が2番目に多いですが、グロースファクターの数が1~3位よりも少な目なので4位となりました。

 

5位 DEAGAIA ナイトリペアエッセンス

3種のグロースファクター、5種のエイジングケア成分の配合で、バランスのとれた幹細胞美容液と言えます。

 

6位 エイジスト ステムエッセンス

グロースファクターの配合がなく、エイジングケア成分は4種のみでした。

 

ただ幹細胞エキスのなかにグロースファクターは含まれているので、全く含有がないということではありません。

 

7位 シャイルプレミアムエッセンス

ヒト由来の幹細胞エキスを配合している点はとても評価できます。

 

ただグロースファクターの配合はなく、美容成分も2種のみということで6位となりました。

 

ヒト由来の幹細胞エキスには植物由来や動物由来の幹細胞エキスよりもたくさんのグロースファクターが含まれているので、全くグロースファクターが入っていないとは言えませんが…。

 

GF(グロースファクター)の役割

幹細胞美容液ランキング

ヒト幹細胞に豊富に含まれるグロースファクター

 

これらが加齢により減少すると、細胞の修正・再生スピードが追いつかなくなり、シワ、シミ、ハリ不足の原因になります。

 

グロースファクターにはたくさんの種類と役割があるのでご紹介します。

 

EGFヒトオリゴペプチド-1で、53個のアミノ酸からなるノーベル賞を受賞した成分。

表皮細胞成長因子とも呼ばれ、表皮幹細胞の活性化する。

細胞分裂を活性化することで肌のターンオーバーを促進し、シワやハリ不足などの加齢にともなう肌トラブルを改善・予防する。

HGF肝細胞増殖因子と呼ばれ、組織の再生と保護を行う。

表皮細胞の増殖を促進させる働きもある。

IGFsインスリン様成長因子と呼ばれ、皮膚を再生する。

成長ホルモンに似た成分で、皮膚内の老廃物を除去する働きがある。

IGF-2は合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー31とも呼ばれ、肌内のヒアルロン酸をサポートし表面をつるつるにする。

TGF-βトランスフォーミング成長因子と呼ばれ、敏感肌を改善する。

コラーゲンに働きかけ、できてしまった傷の修復を行うことで細胞の老化を防ぎ、肌に弾力を与える。

aFGF線維芽細胞成長因子と呼ばれ、真皮幹細胞の活性化する。

肌の真皮にある線維芽細胞に働きかけコラーゲンの生成を促し、弾力と透明感のある肌に近づける。

bFGF塩基性線維芽細胞成長因子と呼ばれ、皮ふ・血管・筋肉に作用する。

新しい血管を作り出したり拡張することで、栄養素を行きわたりやすいようにする。

VEGF血管内皮細胞成長因子と呼ばれ、肌のくすみを予防する。

新しい血管を作り出すことで血流を増やし、酸素栄養素を行きわたらせる。

PDGF血小板由来成長因子と呼ばれ、真皮幹細胞を活性化する。

真皮幹細胞を活性化することで線維芽細胞の増殖を促し、シワやハリ不足を改善する。

KGF,FGF-7毛母細胞成長因子と呼ばれ、毛髪の成長を促進する。

発毛や増毛効果が期待できる。

ヒト型プラセンタヒト遺伝子組換ポリペプチドー16とも呼ばれている。

プラセンタには多くの成長因子が含まれているので、肌のエイジングケアに効果的。

一般的なプラセンタは馬、羊、豚等を原料だが、動物とヒトは遺伝子構造が違うため、効果が実感できなかったり、アレルギーなどの原因になることもある。

そこで開発されたのがヒト型プラセンタ。

ヒト型プラセンタに含まれているアミノ酸量はなんと豚の75000倍で、成長因子量もヒト胎盤プラセンタの250倍である。

アセチルヘキサペプチドー8塗るボトックスといわれるアルジルリン同様の働きをし、筋肉の緊張を和らげる。

 

グロースファクターは20歳をピークとして40歳には半分以下の40%に減ってしまいます。

 

美肌には欠かせない成分なので、加齢とともに外から補ってあげる必要があります。

 

エイジングケア成分の役割

幹細胞美容液ランキング

エイジングケア成分とは、シワやシミ、ハリ不足などの老化現象に抗う作用のあるもの、また保湿力を高める成分のことを言います。

 

代表的なエイジングケア成分とその機能をご紹介します。

 

コラーゲンコラーゲンの役割は保湿で、乾燥肌に最適。

動物性たんぱく質のコラーゲンを酸やアルカリで溶かすと、エイジングケア成分としてのコラーゲンができる。

コラーゲンの種類は、加水分解コラーゲン、低分子コラーゲン、アテロコラーゲン、生コラーゲンなどさまざまで、化粧品に使用されるのは主に加水分解コラーゲンである。

ヒアルロン酸たった1gで、2L~6Lの水分保持力があるといわれるほど保湿力の高い成分。

ごく少量でも水に溶けるととろみがでる。

ヒアルロン酸にも多くの種類があり、アセチルヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸などがあるが、一般的なヒアルロン酸は、ヒアルロン酸ナトリウムである。

フラーレンビタミンCの100倍以上とも言われる高い抗酸化力を持つ。

また吸着作用により、活性酸素を無害化する。

シワやシミの予防に効果的。

プロテオグリカン高い保湿効果とともに、コラーゲンヒアルロン酸を増やすはたらきがある。

この作用はグロースファクターのEGFに似た作用によるものと考えられている。

乾燥肌の保湿やシワの予防などに効果的。

セラミド高い保湿力で肌のバリア機能のはたらきを守る。

水分をはさみ込むように保湿し、大気の湿度が低くても水分を逃がさない。

乾燥肌やインナードライ肌、敏感肌に最適なエイジングケア成分。

エラスチンコラーゲンの分子にコイル状に巻きついて存在しており、主にコラーゲンを支える働きをしている。

肌のハリや弾力性を維持する効果があるといわれているが、肌が紫外線にさらされることによって変形し、弾力が失われるのでシワやたるみがおこる。

エラスチンを補うことで肌の若々しさを保つことができる。

レチノールレチノールとはビタミンAのことで、パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールなどのビタミンA誘導体が一般的である。

肌のハリをよみがえらせる効果がある。

 

エイジングケア成分も年齢とともに減少するので、外から補うことでハリや潤いのある肌に導くことができます。

 

その他のランキング

美容成分が多い幹細胞コスメランキングは以上です。

 

そのほかの項目でランキングした記事もぜひご覧ください。

 

 

総合ランキング!すべての項目をチェックして1位を選びました↓

 

幹細胞コスメ(美容液)を比較!おすすめ総合ランキング
女性の若見えを叶える幹細胞美容液。幹細胞エキスの種類で効果が高いのはどれか?美容成分はいくつ含まれているか?無添加が徹底されているか?オールインワンか?価格は安いか?体験談や口コミの評判はどうか?の6つの視点で総合ランキングを作りました。これを見るとすぐに一番の幹細胞美容液が分かります!

 

ヒト由来?植物由来?幹細胞美容液の効果の強さをランキング↓

 

もう後がない!幹細胞コスメ(美容液)で効果があるのはどれ?種類別ランキング
女性の若見えを叶える幹細胞コスメ。幹細胞の種類(ヒト由来・動物由来・植物由来・シグナペプチド)によって5つの幹細胞美容液をランキングしました。効果が高いのはヒト由来≧シグナペプチド>動物由来>植物由来です。それぞれの幹細胞コスメの特徴を解説しますので、選ぶときの基準にして下さい。

 

無添加の種類はいくつ?敏感肌に優しい幹細胞美容液をランキング↓

 

ヒリヒリが怖い!敏感肌に優しい?無添加幹細胞コスメ(美容液)ランキング
女性の若見えを叶える幹細胞美容液。敏感肌にも使えるように無添加コスメのものが多いです。ご紹介する5つの幹細胞美容液には最大8つの無添加コスメがあったり、フリーズドライで全く防腐剤を使用していないコスメもあります。添加物の害の説明もありますのでぜひご覧ください。

 

高級美容液をお手軽に使いたい!お得な幹細胞美容液をランキング↓

 

値段は安い?返金保証はある?お得な幹細胞コスメ(美容液)ランキング
女性の若見えを叶える幹細胞コスメ。年齢肌のコスメのため、ちょっとお高いイメージがありますが、5000円以下の幹細胞コスメもたくさんあります。特に植物由来の幹細胞コスメはお買い得です。安くて量も入っているお得な幹細胞美容液をランキングしました。

 

美容液なのにオールインワン!?手軽にスキンケアができる幹細胞美容液をランキング↓

 

お手軽に簡単ケア!オールインワン幹細胞コスメ(美容液)ランキング
女性の若見えを叶える幹細胞美容液。美容液と言うと化粧水と乳液の間につけるイメージですが、なんとオールインワンコスメの機能をもった幹細胞美容液があるんです。家事や育児で忙しい女性は必見ですね。美容液なのにオールインワンの機能をもった幹細胞美容液をランキングしました。

 

体験談・口コミの評判がいいのはどれ?安心して購入できる幹細胞美容液をランキング↓

 

使った人の生の声は?幹細胞コスメ(美容液)の口コミランキング
女性の若見えを叶える幹細胞美容液。アットコスメの口コミを総合して5つの幹細胞美容液をランキングしました。評価したのは口コミの総数、☆の数です。またメリットだけでなくデメリットの口コミもあるので参考になります。幹細胞美容液を買う前にぜひ一度確認してください。